Press Release


2014年4月22日

第三者割当増資に関するお知らせ

 

株式会社トランスリミット(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高場大樹)は、開発体制・事業支援体制の強化を目的として、
East Ventures(パートナー松山太河、衛藤バタラ)を引受先とする第三者割当増資を実施いたしました。それに伴い、開発体制の強化のため積極的に開発者の採用を開始します。経験豊富な両パートナーから支援を受け、急速に事業を展開してまいります。

株式会社トランスリミットは、リアルタイム対戦型脳トレ「BrainWars」を開発しており、2014年5月にサービスのリリースをする予定です。同サービスは、世界中のプレイヤーとお互いの脳をフル回転させて戦う対戦型知的ゲームで、特定の知識や言語に依存せず、脳の柔らかさや回転といった脳機能自体が勝負のカギを握ることとなるように設計されています。BrainWarsは、ノンバーバル(非言語的)なコミュニケーションを軸として、グローバルで利用されるコミュニケーションサービスを目指しています。

East Venturesとは

アーリーステージを中心とした投資を手掛ける松山太河氏と、元ミクシィCTOである衛藤バタラ氏が中心となって2010年に創設したテクノロジー分野の投資ファンド。アジア・日本を中心に成長ITベンチャーに投資活動を展開しており、現在Coiney、メルカリ、BASE、ツイキャス、gumi、Campfire、Gunosy、Tokopediaなどを始め国内外の多数のベンチャーに出資している。

 

トランスリミットとは

株式会社トランスリミットは、サイバーエージェント出身のエンジニアによって2014年1月に設立されたスタートアップ。代表取締役の高場は、サイバーエージェントでアメーバピグの海外版である「Ameba Pico
World」やスマートフォン向けソーシャルゲームの「ガールフレンド(仮)」などのサービス開発に携わってきたサーバサイドエンジニア。取締役の工藤もまた、いくつものゲーム開発に従事したアプリエンジニアである。同社の第一弾アプリ「BrainWars」は、Ameba
Pico Worldやソーシャルゲーム開発の経験から「リアルタイム通信」や「ノンバーバルコミュニケーション」という要素にヒントを得て発案された。

 

会社概要

社名 株式会社トランスリミット(Translimit, Inc)
所在地 東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル8階
代表者 代表取締役社長 高場大樹
事業内容 スマートフォン向けサービス運営