2014年10月16日

BrainWarsが累計500万ダウンロードを突破

株式会社トランスリミット(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高場大樹、以下トランスリミット)は、同社が提供するスマートフォン向けアプリ「BrainWars」の累計ダウンロード数が500万ダウンロードを突破したことをお知らせいたします。

BrainWarsは2014年5月にApp StoreにてiOS版アプリから提供を開始、遅れて9月からGoogle PlayストアにてAndroid版を提供しており、提供開始から約5ヶ月で累計500万ダウンロードを突破したことになります。iOS版では、米国やアジア圏などを中心に世界中から注目を集め、米AppStoreゲームランキングで1位を獲得、更にアジア圏でも韓国、香港、台湾でランキング上位を獲得しております。Android版では、米国やヨーロッパ圏(イタリア、ポルトガル、スペイン、フランス)、ブラジルで注目を集め、米国、イタリア、ポルトガル、香港のGoogle Playストアにて新着無料アプリランキング1位を獲得、カナダ、ブラジル、スペインでは新着無料アプリランキング2位を獲得しております。

BrainWarsはこれまでに世界150ヵ国以上から利用され、海外ユーザ比率が95%以上を占める世界中から注目を集めているアプリとなります。現在は、8言語(日本語、英語、中文簡体字、中文繁体字、韓国語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語)に対応しており、更に4言語(ロシア語、ドイツ語、インドネシア語、スエーデン語)を追加する予定で、多言語化に力を入れております。

BrainWarsとは、世界中のプレイヤーとお互いの脳をフル回転させて戦うリアルタイム対戦型頭脳ゲーム。その内容は、子供から大人まで誰にでも理解できるシンプルかつ直感的なミニゲームを題材に、プレイヤー同士がお互いのスコアを競い合うことで対戦します。BrainWarsは、特定の言語や知識、文化に依存しない非言語的なコミュニケーションを軸として、世界規模に広がるグローバルサービスを目指しています。

 

 

 

 

トランスリミットについて

株式会社トランスリミットは、サイバーエージェント出身のエンジニアによって2014年1月に設立されたスタートアップ。代表取締役の高場は、サイバーエージェントにて海外版アメーバピグ「Ameba Pico World」やスマートフォン向けソーシャルゲーム「ガールフレンド(仮)」などのサービスにエンジニアとして開発・運用を経験。取締役の工藤もいくつものゲーム開発に従事した経験を持つエンジニアである。同社の第一弾アプリ「BrainWars」は、Ameba Pico Worldやソーシャルゲーム開発の経験から「リアルタイム通信」や「ノンバーバルコミュニケーション」という要素にヒントを得て発案された。

 

会社概要

社名 株式会社トランスリミット(Translimit, Inc)
所在地 東京都渋谷区道玄坂2-8-7 渋谷道玄坂ビル5階
代表者 代表取締役社長 高場大樹
資本金 1,100万円(2014年9月時点、資本準備金を含む)
事業内容 スマートフォン向けサービス運営
お問い合わせ contact@translimit.co.jp